ロゴ

貿易事務の求人に応募する前に面接対策をしよう

HOME>トピックス>貿易事務を目指しているなら事前準備はしっかりと

貿易事務の適性

貿易事務は誰でも務まるわけではありません。向き不向きがあります。貿易事務の求人を探しているのであれば、まず貿易事務に向いている人がどのような人なのか把握することから始めましょう。

貿易事務に向いている人

  • 行動が早い
  • 指示された以上のことをやる
  • 様々な仕事を並行して処理できる

適性がなければ努力すればいい

貿易事務の適性がないからといって、求人の応募を諦める必要は全くありません。向いていないと分かったら、適性をクリアできるように頑張ればいいだけです。本気で貿易事務を目指しているのであれば、苦もなく努力することができるはずです。

貿易事務に関するQ&A

握手

未経験でも働けますか?

貿易事務の経験者が優遇される傾向にありますが、未経験者でも十分に採用される可能性があります。貿易事務はほとんどの場合、英語でやりとりしますので、英語に関するスキルは最低限持ち合わせるようにしましょう。

資格は必要ですか?

貿易事務に関する資格を取得しなくても採用される可能性はありますが、できるだけ取得していたほうがいいでしょう。資格を取得していたら、貿易事務に関する基礎知識があると判断されて、資格がない場合と比べて採用される可能性がアップします。

残業は多いですか?

25時間前後残業する企業も多いのですが、近年では残業がない企業も増えつつあります。もし、なるべく残業を避けたいのであれば、残業の有無について求人情報をチェックするといいでしょう。

貿易事務を目指しているなら事前準備はしっかりと

PC操作

面接対策はとても重要

就職活動の成功のカギは、面接に懸かっていると言っても過言ではありません。徹底的に面接対策をしましょう。もし、経験者であれば、どのような仕事をしていたのか詳細に伝えることで、自身がどのようなスキルを持っているのかアピールできます。もし、未経験者であれば、過去に得た経験を貿易事務という仕事にどう活かすことができるのか、分かりやすく簡潔に伝えることが必要ですよ。また、貿易事務は、高いコミュニケーション力が要求されますので、面接でコミュニケーション力があるかがチェックされます。臨機応変に対応できるよう、普段から積極的に人と接しておくと良いでしょう。