ロゴ

責任の重い仕事に就きたいなら貿易事務がお勧め

HOME>レポート>日本と海外を繋ぐ貿易事務で働くメリットとは

日本と海外を繋ぐ貿易事務で働くメリットとは

パソコン操作

陰で支える立役者

貿易事務の仕事に興味を持つ人が徐々に増えているようです。貿易事務は基本的にデスクワークで、直接交渉するような業務はほぼありませんが、貿易がスムーズに行われるよう調整する能力が必要です。基本的にはメールで海外の取引先や関係会社と連絡を取る仕事なので、仕事で英語を使いたい人には向いているでしょう。各国ともビジネス慣習が違うためにトラブルもありますが、商談時に認識のズレが起きないよう細かく確認する必要があります。実はグローバルな視点やビジネスコミュニケーション能力を求められる陰の立役者とも言えるでしょう。イレギュラー対応やルーティーンワークが苦にならず、仕事を円滑に進めることが出来る人に適性があります。仕事の方向性が合致すれば、この上なくやりがいを感じる仕事ですし、長年従事すれば専門スキルも身に付くでしょう。

トラック

マルチタスクをこなす業務

貿易事務は、マルチタスクを上手に、正確にこなす必要のある業務です。見積書や請求書、受発注書などの作成や伝票などのデータ入力がルーティンですが、輸送業者を手配したり倉庫を確保したりする調整業務もあります。時には人に頼み事をしたり、間に入って謝ったり、コミュニケーションを駆使して手続きを進める必要があります。しかも貿易では動く金額が大きいため、書類ミスは絶対に許されません。様々な業務を同時に正確にこなせる人なら、国内外の多くの人から信頼され、尊敬される存在になれるでしょう。輸出入関連書類を取り扱う都合上、貿易事務には英語のスキルは必須です。近年では中国語のスキルを持っている人が優遇される場合もあります。この先も必要とされる業務ですし、幅広いスキルを身に付けられる業務と言えます。