治験のバイトに参加することによるメリット

医者

治験のバイトは報酬がもらえる

治験への参加はボランティアという名目ですが、負担軽減費としてお金が支給されます。日給で1万円以上の場合も珍しくないので、短期間でたくさん稼ぎたいという方にはピッタリでしょう。

ハート

社会貢献ができるという実感がもてる

治験は国から承認を得ていない薬の効果を検証することを指しています。この治験を経て国から認められれば世に出回ります。その新薬を服用することによって、病気で悩んでいる患者の役に立つのです。

[PR]
出版の仕事を大公開☆
転職を検討しているなら必見!

合わせて読みたい記事

PC操作

面接の対策は万全に

貿易事務の需要が年々高まっていますので、求人の数も増加傾向にあります。そのため、求人に応募するライバルが多いので倍率が高いです。採用されるためには、面接の対策を入念にしなければいけません。

Read More

治験参加の流れを把握しておこう

治験に参加したことがない場合、どのような流れになるのか不安に思う方もいらっしゃることでしょう。そんな方に向けて一般的な流れについてまとめてみましたので、参考にしてください。

治験のバイトに参加するまでの流れ

ハート

仮登録

まずは、治験の参加者を募集しているサイトにて仮登録を実施します。登録の際、氏名や生年月日、過去の病歴について記入を求められます。治験には副作用のリスクもありますので、病歴については必ず正直に記入するようにしましょう。

説明会への参加

仮登録を実施後、治験についての説明会に参加しましょう。この説明会で、治験に関する基礎知識や実施する治験の内容、治験のリスクなどが説明されます。何か分からないことがあればできるだけ質問するようにしましょう。

申し込む

説明会での内容に納得がいきましたら、早速治験への参加申し込みをしましょう。なお、誰でも参加できるわけではなく、参加条件が必ず設定されています。予め参加条件についてチェックしておいてください。

治験前の検診

治験への参加前に、医師による検診が実施されます。この検診で「参加しても問題ない」と医師からのお墨付きをもらった方のみが治験に参加することができます。合格通知後、同意書にサインをして、いよいよ治験スタートです。

治験スタート

治験のバイトには通院型と入院型の2種類があります。通院型は指定の病院に通うタイプです。入院タイプは文字通り、病院に入院をしながら治験をするタイプです。毎日食事や検査がありますが、それ以外は比較的自由に行動ができます。

[PR]
治験の申し込み
利用した人の感想を調べる

[PR]
飛鳥交通の求人情報が載っている!
転職したいなら注目☆

[PR]
求人をみて貿易事務に転職しよう!
働きたいところが見つかる